「風俗先生」は風俗体験談をご紹介するサイトです。

最近の投稿

カテゴリー

デリヘルの奥深さ

まさかと思う程に濃厚なプレイを体験してしまいました。デリヘルはもともと好きでしたので風俗ならホテトルとずっと考えていたのですが、それだけでは無かったのです。何と言っても風俗は女の子が全てです。それは、ホテトルにおいても同じ事。ですから、素敵な女性を見つける事が大切なのですよね。そんな事をいつも考えているとやはり望みは叶うものです。アスカさんが本当にそういった理想の方でした。29才で人妻。それだけでも感じてしまうところはあったのですがそれ以上にとにかく一つ一つのプレイが濃厚でした。ただのキスだけではなく何と言ったらよいのかが頭の中にうかんでこない程に濃いのです。ですから、本当にこの人との恋愛関係にあるかのように錯覚してしまうのです。こんなプレイの濃さはこれまでもありませんでしたし、きっとこれからもないでしょう。そう感じられる内容でした。デリヘルの奥深さを改めて感じさせてくれたアスカさんに感謝です。
デリヘル

人の妻だと分かっているから

おしとやかな奥さんというものを知っている人はその良さを本当に知っていると言えるのではないかと思います。日本の美学に則ったかのようなしとやかな妻をもつ事は日本男性としては誰もが心から夢にもみるものではないでしょうか。そして、もう一つの密かで邪まに欲望もあります。そうです。そんなおしとやかな他人の妻を味見してみたい。そう考えた事が無いと言ったら嘘になります。人の妻だと分かっているからこそ余計に惹かれてしまうと言う事だって珍しくはないのです。しかし、それを実行するとこれは大変な事になってしまう場合が想定されます。そんな時こそ、人妻デリヘルです。おしとやかな奥さんのイメージがあるミクさんは、30才。本当に普段ならば夫以外の人とは目線すらもあわせないかのような方です。こんなミクさんをホテルの一室でエッチな事をして責め立てる快感はもう堪りません。見ていても良し、その声を聞いても良し。そして、身体に触れた感覚は絶品のモノがあります。

御主人様になったかのような感覚

とにかく従順な女の子としっとりとしたプレイをしたい。そう思って選んだのはデリヘル嬢の舞ちゃん。23才の舞ちゃんはじつは某都市銀行にお勤めしている現役の銀行員。都市銀行とはいってもやはりお金を扱っているせいもあって毎日のストレスはかなりのものなのでしょう。ですから、趣味と実益とストレスの発散を兼ねて週末のデリヘル嬢をしていると言うのです。なんと、素晴らしい条件が整っているのでしょうか。銀行というお固い仕事だからこそ、こんなふしだらな事をしたくなるのですよね。そう思っているとなんだかちょっと虐めてみたくもなります。舞ちやん、実は虐められるのも好きなようでした。意地悪な言葉で虐めてみると涙目になりながらもしっかりと快感を感じているのが分かりました。無論、アソコはこれ以上はないと言う位にまで濡れていて太股まで伝って流れそうな程でした。ですから、その先はなんだか御主人様になったかのような感覚でプレイを楽しむ事が出来ました。

Copyright © 2015 風俗先生 All rights reserved.